×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウォーキング 効用

ウォーキング 効用について

ウォーキングはメタボリックなど生活習慣病の予防や、ダイエットなどの美容対策として定着しています。

ウォーキングは体内に酸素を取り込みながら脂肪を燃焼させる有酸素運動と言われるもので、筋力アップ、冷えや腰痛の改善、痩身など目的に応じて方法を変えることにより得られる効用が変わってきます。

ウォーキングを習慣化すると、頭がすっきりと冴えて記憶力がアップするなど、メンタル面での変化を実感する人も多いとか。

年齢を問わず、自分のペースで続けられ、心肺機能の向上や骨の強化、体質改善など体の内側から鍛えることができます。

初期投資がほとんどかからないのもウォーキングの魅力。冬を元気に乗り切るためにも、始めてみてはいかがでしょうか。

ウォーキングシューズの選び方

 

ウォーキングを始める際に、必ず揃えたいのが専用のシューズです。ウォーキングシューズはかかとから着地する設計になっており、その他のシューズとは構造が異なります。

ジョギングシューズはクッション性が高いので、ウォーキングの場合には足が余計に疲れてしまうことも。また、インソールや靴下も併用するようにしましょう。着地や摩擦の衝撃をやわらげたり、汗を吸収したりと重要な役目を果たしています。

シューズを選ぶ際には試着し、足の甲や幅があっているかをチェックすることも忘れずに。足がむくむ夕方に、ウォーキングで使用する靴下を履いて試着すると間違いがありません。

ウォーキングの際は靴の中で足が前後に移動するので、つま先に1㎝程度の余裕があるものを選びましょう。シューズによって履き心地がかなり違ってきます。いくつか履き比べて自分に合うものを見つけてください。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?